踵を叩いて身長を伸ばす方法

踵を叩いて身長を伸ばす方法

「踵(かかと)をゴムハンマーなどで叩き続けると、身長が伸びる」という噂があります。
出典は某巨大掲示板と言われ、紹介された身長アップ効果をそのまま鵜呑みにはできないように見えます。しかし、偏見を持たずに調べていくと、身長を伸ばすための踵叩きは意外と理にかなっているのでは?と思わせる内容です。

 

身長を伸ばすための踵叩きの方法は「毎夜、踵をゴムハンマーで痛キモチイイ程度の力で10〜11分ほど叩く」だけ。
毎日が望ましいとされますが、1日くらいはサボっても身長アップ効果はあるようです。
個人差はありますが、伸びる人は身長が1年に1.2cm〜3cmほど伸びたという声もあります。

 

一方で身長がほとんど伸びなかったという意見もあります。個人差がある理由は不明ですが、怪我をしない程度にチャレンジしてみる価値はありそうです。

 

踵を叩くと背が伸びると言われている原理

踵を叩くと、なぜ身長が伸びるのでしょうか。
はっきりとした理由は不明ですが、身長が伸びると主張する方は踵の骨(または、足の端)が成長して出っ張ると証言しています。
骨がヒールのように伸びて、少し背伸びをするような形に進化したと言えるでしょう。しかし、そのようなことは本当に起こるのでしょうか。

 

ここで参考になるのは、巨人病や先端肥大症などの病状です。
これらの病気は成長ホルモンを分泌する脳下垂体という組織に腫瘍ができ、過剰な成長ホルモンが分泌し続けることで起こります。
巨人病の方は、適切な処置を施さなければ大人になっても成長し続けます。先端肥大症も原因は同じで、手足など先端だけが大きくなってしまう症状です。
身長が止まっても分泌が多すぎる成長ホルモンを止めない限り、手足の先端や顎などが伸びてしまいます。
先端肥大症は、骨がもろくなり、内蔵に大きな負荷がかかるため、かつては短命の方が多い症状でした。現在は子供のころに外科手術や薬で治療すれば、ある程度症状を抑えることができます。

 

成長ホルモンを投与して身長を伸ばすドーピングも行われているようですが、体の一部だけしか伸びずアンバランスになり、しかも骨がもろくなる副作用に苦しめられることも珍しくありません。
成長ホルモン分泌不全など、明らかに病気でない限りは成長ホルモンの投与は決して行うべきではありません。
自分自身の脳下垂体から出る成長ホルモンで、背を伸ばす努力をするべきでしょう。

 

成長ホルモンは子供時代しか分泌されないと考える方もいますが、実は生涯分泌され続けます。
成長ホルモンのピークは10代で、20代を越えると徐々に減っていきます。しかし、ある日突然無くなってしまうわけではありません。
成長ホルモンが身長を伸ばすだけでなく、代謝を良くする作用もあるためです。
代謝とは、細胞の入れ替わりをスムーズに行う作用です。成長ホルモンは弱った細胞、壊れた細胞を速やかに排除し、新たな細胞を作る手助けをします。
踵をゴムハンマーで叩くと、踵の骨に刺激が伝わり、適度に骨の細胞が壊れます。これに成長ホルモンが作用し、新たな骨を形成するきっかけになるのではないかと考えられています。
(当然ですが、骨折するほど叩いたら逆効果になります。程々の力加減に調整しましょう。)

 

踵叩きのやり方

踵叩きで身長をアップするには、踵のどこを叩いて、どれくらい叩けば良いのでしょうか。
踵は、地面に付く部分(一般的には、踵の盛り上がった部分)を集中的に叩くと良いと言われています。
気をつけたいのは、左右どちらもバランス良く、同じ場所を叩くことです。左右の位置がずれると踵の接地面が歪み、O脚や骨盤の変形を促しかねません。

 

おおよそ10分ほど踵に刺激を加えれば十分と言われています。
踵を叩く加減は骨折するほど強いと怪我の元ですが、ソフトすぎても身長アップ効果が薄いようです。
金槌では怪我をするので、大きめのゴムハンマーで痛キモチイイ程度に踵を叩くと良いでしょう。足裏には様々なツボがあり、刺激されることで体調改善も期待できます。

 

成長ホルモンは夜間に分泌されます。昼間に十分に光を浴び、適度な運動を行うとさらに分泌が促進されます。
会社勤めなら、できるだけ移動は徒歩で行い、外出も適度に行うことで下地が整うでしょう。
そのため、寝る前に踵叩きを行う方が多いようです。(朝に行う方もいます)

 

※踵叩きはあくまでも、掲示板等に広がる噂であり化学的な根拠はないので、実践は自己責任でお願いいたします。

 

踵叩きの危険性はない?

適切な叩き方をしないと、踵叩きは危険です。
強く叩きすぎて骨折や、筋を痛めないように気をつけましょう。あくまで「痛キモチイイ」程度にとどめます。

 

踵叩きは「骨の中にヒールを入れる」ようなものです。皮膚の下にヒールが入っているようなものなので、あまりにも伸びすぎると歩行困難になるおそれもあります。
足裏のアーチに負荷がかかるので、少しづつ慣らしながら伸ばすことを心がけましょう。

 

左右のバランスも必要です。左右で骨が同じだけ伸びれば問題ありませんが、片方の伸びが悪いと骨盤の歪みに繋がりかねません。
叩くときは漫然と叩かず、叩くべき場所をしっかり狙って叩きましょう。同じ高さから同じ角度に踵を叩くことを心がけましょう。

 

ゴムハンマーで踵を叩くのが怖いときは、縄跳びやウォーキングなど、スポーツで踵を鍛えると良いかもしれません。
自然な動きで踵を刺激するため、不自然な刺激を受けずに踵を伸ばす効果が期待できます。
ウォーキングは、踵から着地するのが基本動作です。まずはウォーキングの基礎の動きを身につけてから行いましょう。

 

当サイトでは、運動による刺激で、自然と成長ホルモンを分泌させることができる後者の縄跳びやウォーキングなど、スポーツで踵を鍛える方法をお勧めいたします。

 

踵叩きの体験談

踵叩きで身長が伸びた、という報告は複数寄せられています。中には極端な例もありますが、個人差が激しいので参考程度にご覧下さい。

 

ケース1
体験者は自称18歳。
2週間、朝に片足10分づつ踵叩きを行う。結果、2cm身長が伸びる。
まだ10代で骨端線が閉じていないのも、身長アップに効果があった可能性もあります。

 

ケース2
年齢は不明。
約5ヶ月間、ほぼ毎日、片足11分づつ踵叩きを実行。
健康診断にて2cm身長アップを確認した。
1日くらいは休んでも身長アップ効果は実感できたとの報告もあります。

 

ケース3
年齢は不明。
1週間踵叩きを行ったところ、0.3cm身長が伸びる。

 

ケース4
自称33歳。6ヶ月間実行した。
1ヶ月で5mm、2ヶ月目で2mm、3ヶ月目は1mmと、ペースが徐々に落ちながらも身長アップに成功。
半年で1.2cm身長が高くなった。
ただし、足のアーチに負荷がかかり、歩行が若干違和感が出ているいう報告もあります。

 

ここでは取り上げていませんが、全く身長アップ効果がなかったという声もありました。
おまじない程度の軽い気持ちで100均のゴムハンマーで気軽にチャレンジするのが一番良いでしょう。足に違和感を感じたら、必ずそこで終了しましょう。

 

身長を伸ばすには、骨盤トレーニングや身長アップサプリメントもおすすめ

身長を伸ばすのに、もっとも効果的なのは骨盤トレーニングです。これは大人でも子供でも有効です。
特に、骨盤底筋という場所を鍛えることが骨盤を正すのに効果的です。正しい位置を把握するために、整体で調整してもらうことも有効でしょう。
ただ、あくまで整体は補助的な役目と割り切りましょう。大事なのは自らの力で支える体力作りです。
骨盤底筋を鍛えるストレッチもありますが、ヨガならより効果的に行えます。
骨盤を正せば姿勢が良くなり、身長アップ以上に外見の印象まで改善します。冷え性改善にも効果が期待でき、健康改善とプロポーション、身長アップの三重の効果が実感できます。

 

もしあなたが成長期で、骨端線がまだ閉じていなければ、サプリメントも有効かもしれません。
出来るだけ食事から摂取するのが理想ですが、難しい場合はサプリで補助してみましょう。
身長アップに必要と言われる栄養素はカルシウム、アルギニン、L-チロシン、ヨウ素、メラトニン、ビタミンDなどが良いとされます。
(成長期には体内でアルギニンはある程度生成されるので、過度に摂取しなくても問題ないと言われています。ビタミンDは日光浴を20分ほど行えば体内で生成されます。)

 

何より、夜はきちんと眠りましょう。成長ホルモンは就寝後に分泌されます。
受験や遊びなどで深夜まで起き続けるのは身長の成長を妨げてしまいます。
「骨は夜に伸びる」ものだと考えましょう。

 

>>成長期が過ぎても身長を伸ばす方法はコチラ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

踵を叩いて身長を伸ばす方法関連ページ

脚(足)の身長を伸ばす方法
脚(足)の部分の身長を伸ばす方法についてフォーカスして解説します。
O脚改善で平均2cm、MAXで3cmくらいまで身長を伸ばす方法
O脚改善で平均2cm、MAXで3cmくらいまで身長を伸ばす方法についてお伝えします。
膝を刺激して身長を伸ばす方法
膝を叩いて身長を伸ばす方法は本当に身長が伸びるのか?詳しく解説します。