アスミールの副作用

アスミールの副作用

アスミールは成長応援飲料、もう少し専門的に言えば「栄養機能食品」「栄養補助食品」です。

 

過食すると栄養バランスが崩れますが、アスミールは使用方法や量を守れば成長ホルモン分泌に寄与する子供向け身長サプリメントです。

 

成長期応援飲料といえばアスミールは以外にもミロやセノビック、ドクターセノビル、フィジカルBなどが有名ですがアスミールはより安心安全に気を遣っています。

 

アスミールの生産国は日本国内、原料もすべて国産、放射能検査済みと安全性を最優先しています。

 

海外製造サプリが粗悪というわけではありませんがお子さんの安全性を考慮するとアスミールのように国産のほうが安心できますね。

 

添加物も控えめ、合成保存料、合成着色料、合成甘味料不使用で自然な甘みが楽しめます。

 

アスミールは薬ではありません。

 

特定のアレルギーがなく規定量を守れば副作用の危険性はありません。

 

アスミールの公式サイトを見る

 

目次

 

過剰摂取に注意

アスミールは原材料に珊瑚やゴマ、ビールの絞りかすから作られた亜鉛酵母、動物の骨や皮から作られるコラーゲン、魚由来のカルシウムやビタミンD、ビタミンB、DHAなど安全な原料ばかりです。

 

中でも成長ホルモン分泌に欠かせない栄養素にアルギニンがあります。

 

アルギニンは血中の一酸化窒素を増やして血管を広げ、血流改善や成長ホルモン分泌を促す働きがあるアミノ酸です。

 

アルギニンは過剰摂取するとお腹が痛くなることがあります。

 

海外製のアルギニンは過剰摂取で健康被害が出ることもありますがアスミールを適量摂取するなら問題ありません。
過剰なアルギニンは尿とともに出ていくので多めに摂取しても副作用はないと言われています。

 

アルギニンはアルカリ性が強くエグ味がありますがアスミールは酸性の強い黒酢エキスが含まれているので中和されます。

 

アスミールのココア味の風味を損ねず美味しく飲むことができます。

 

アルギニンは体内で合成できる非必須アミノ酸ですが大人にならないと十分に生成できません。

 

アルギニンには成長に寄与するだけでなく免疫力促進効果、風邪の予防、元気の原動力など様々な効果があります。

 

▲目次に戻る

 

 

アレルギー表記に注意

アスミールはアレルギー物質が含まれています。

 

以下のアレルギーがあるお子様は念のため控えて下さい。

 

牛乳
ごま(ごま由来の植物性ミネラル)
大豆
ゼラチン

 

アスミールは牛乳に溶かして飲む成長期飲料ですが、牛乳アレルギーがあるお子さんは水や豆乳に溶かして飲んでもかまいません。

 

水や豆乳で飲むと栄養価は牛乳に比べて少し偏りますがバランス良く成長に必要な栄養が配合されています。

 

ゼラチンは胃で分解されるので重いアレルギー症状は出にくいという話もありますがアレルギーなら気を付けたほうが良いでしょう。

 

なお他の栄養成分、たとえばアルギニン成分はアレルギーを起こしません。

 

▲目次に戻る

 

 

副作用が出ない飲み方

アレルギーがないお子さんならアスミールを適量摂取すればまず副作用は出ません。

 

1日1回、出来れば夕飯後くらいにスプーン2杯と冷たい牛乳100ccをシェイカーで混ぜて溶かします。

 

ホットで飲む場合は温かい牛乳30ccにアスミールをスプーン2杯入れてかきまぜ、牛乳70ccを追加します。

 

一度に牛乳を注ぐと混ぜにくいので気を付けましょう。

 

成長ホルモンは眠っている間に分泌されるので、アスミールは夜に飲むと高い身長アップ効果が期待できます。

 

ただ砂糖が多いので寝る直前に飲むと肥満や虫歯の元になるので夕飯後くらいが最適です。

 

きちんと成長ホルモンを出すためにも夜更かしは程々にして早めに寝ましょう。

 

アスミールは楽天など口コミでも評判が高く、様々な検証サイトで記事になり徹底調査されている商品です。

 

価格も1ヶ月2,050円(税抜)で購入できるので負担にならないでしょう。

 

品質管理や製造管理が徹底され、バランス良い栄養価で吸収率を高めています。

 

食が細いなどの理由で十分に栄養が摂取できないタイプのお子さんには最適でしょう。

 

アスミールは製造会社が運営する公式通販サイトで購入するのが一番安全です。

 

アスミールの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加